メニューを開く
メニューを閉じる

なごみスケートボード


なごみスケートボードは、美しい竹の素材感を表現したケートボードです。
コンセプトは、昔スケートボードをやっていた世代の方々が、あの時の風を感じていた感動を
もう一度呼び起こして欲しい。
ゆったりと大人の方にクルージングしていただきたい。
といったことを考えて作られた、ロングスケートボードです。

竹独特の手触りや高級感のある質感を生かしたデッキ
サーフィンを連想させるような、波の動きをイメージした
スラスターシステムをトラックギアに使用しております。

制作は、和水町の木工職人「Name Less」さんが、
1台1台手作業でつくっております。
完全受注生産とし、納期まで1~2か月程度かかります。

ウェブマガジンMixTimeに、なごみスケートボードを取り上げていただきました!!
MixTimeは、日本で失われつつある私たちのルーツを現代へとつなぎ、新しくて懐かしい未来をつくっていくプロジェクトとして、さまざまな情報を発信、掘り下げております。
http://mixtime.jp/article/takebo.html

和水町は、熊本県北西部、福岡県との県境に位置する人口約11,000人のまち。もともと地域には竹が豊富にあり、竹細工も盛んでした。

もっと多くの人に、和水町をPRしたかった「まっぽしなごみ」さんの想いと、新しいスケートボードを作りたかった、木のおもちゃスタジオ「Name Less」さんの意見が一致し、竹のスケートボードは生まれました。

地域の「竹」を活用した、和水町らしいスケートボード。

そのデザイン性が評価され、アパレルショップBEAMSと三越伊勢丹が日本の魅力を発掘し、国内外に発信するプロジェクトの第一弾「STAND九州」でも取り上げていただきました。

展示会用にName Less 阿部さんに作製したいただいた、スケートボード用スタンド、無骨ながらかっこいいデザインです。

 

販売先
Name Less

info@name-less.jp

0968-86-3030

受注生産となります。